公益財団法人 岩手県対がん協会 公式サイト || 盛岡市を拠点に、健康診断、一日ドック、巡回バスによるがん検診を行っております

子宮頸がん検診

20歳になったら
子宮頸がん検診を受けましょう!

子宮頸がんは20代~30代の若年層で急激に増えています

子宮頸がんは10代から80代以降まで、幅広い女性がかかっています。特に最近は、20代から30代の女性が急増しています。
がんというと若い世代には関係ないと思うかもしれませんが、実は20代から30代に最も多いのが子宮頸がんです。

子宮頸がんの原因・・・HPV(ヒトパピローマウイルス)

子宮頸がんは、HPVによる感染が原因であるということがわかっています。HPVは非常にありふれたウイルスで、性交渉のある女性であればほとんどの女性が一度は感染すると言われています。HPVに感染しても自分の免疫力によって90%の人が2年以内に自然消滅しますが、感染が持続すると、がんの前段階(前がん状態)を経て子宮頸がんが発生しやすくなります。

子宮頸がんは定期的な検診とワクチンで予防できます

子宮頸がん予防ワクチンはHPV16型、18型の感染を防ぐことができますが、すべての発がん性HPVを防ぐことはできません。ワクチンを接種しても定期的な子宮頸がん検診は必要です。

定期的な検診を受けず、症状が出てから病院を受診する人の中には、すでに進行がんとなって見つかる人もいます。

定期的な検診を受けることで、がんになる前の段階(異形成)で発見することができます。

正常な細胞が子宮頸がんになるまで

正常な細胞が子宮頸がんになるまで

前がん状態や、ごく初期の段階でがんが発見できれば・・・
  • 2、3日の入院での簡単な手術でほぼ100%治ります
  • 治療による後遺症も残りません
  • 子供を産むことも可能です

頸がんと体がんは異なるがんです

頸がん 若い人に急増

子宮頸がん 部位解説子宮の入り口である頸部の表面から発生します。30~40歳代の発生率が高く20~30歳代で急増しています。原因はHPV(ヒトパピローマウイルス)の感染です。

20歳以上の方全員が対象となります。定期的に検診をお受けください。

体がん 症状に注意

子宮体がん 部位解説子宮の上部にあたる体部の内膜から発生します。50~60歳代の発生率が高く初期の症状として不正出血があげられます。

不正出血や褐色帯下などの症状のある方は医療機関で子宮体がん検査をお受けください。

子宮頸がん検診では、こんなことが行われます

検診の内容 ⇒ 細胞診+視診・内診・超音波診

問診 妊娠及び分娩歴、月経の状況、不正出血などの症状の有無、過去の検診・受診の状況などについておたずねします。検診結果判定に欠かせない大切な項目です。
視診 子宮頸部の状況を観察します。
細胞診 子宮頸部の細胞をブラシなどでこすって採り、顕微鏡で調べます。細胞の小さな変化も見逃さない有効な検査です。
内診 医師が子宮、卵巣、子宮近辺を触診します。

こんな症状があらわれたら、検診を待たずに病院を受診しましょう!

  • 不正出血(月経以外の出血)
  • おりもの(量や色の変化)
  • 月経異常(長引いたり量が多くなるなど)
  • 下腹部の痛みや不快感
    ※これらの症状は子宮頸がん、子宮体がん・卵巣がんの症状です。

医療機関で定期的に細胞診の経過観察をされている方は途中で中断せず、主治医より次回から集団検診を受けるように指導されるまで必ず通院しましょう。

1年~2年に1回は検診でよいとされているのは、子宮頸がんの細胞診検査についてです。子宮や卵巣に病気を指摘されている方は、かかりつけ医の指示に従いましょう。

定期的な検診で、子宮と命を守りましょう。

トップページへ戻る