公益財団法人 岩手県対がん協会 公式サイト || 盛岡市を拠点に、健康診断、一日ドック、巡回バスによるがん検診を行っております

がん予防電話相談

TOP > 公益財団法人岩手県対がん協会 > がん予防電話相談

保健師が、がん予防に関するご質問・ご相談に応じております。
内容により医師が対応する場合は、予約制となります。お気軽にご相談ください。

受付時間 毎週水曜日 午後1時~午後4時
電話番号 019-635-8891

よくあるご質問

Q.大腸がん検診の便潜血反応検査で陽性だった場合、どこから出血しているかわかりますか?

A.どこから出血しているかは判断できません。
あくまでも便にわずかな血が混じっていないかどうかを調べ、陰性か陽性かを判定します。
便潜血反応検査で陽性になった場合、痔があるから陽性になったなどと自己判断せず、医療機関を受診し精密検査を受けましょう。

Q.今日胃がん検診を受けたのですが、夕方になっても便が出ません。このまま様子を見ても大丈夫ですか?

A.残っている下剤を夕食前服用し、引き続き水分を多めに摂取して一晩様子を見て下さい。
翌日になっても便が出ない場合は、医療機関(消化器科、内科)を受診して下さい。

Q.子宮筋腫で子宮を摘出してから子宮がん検診を受けていません。
子宮を摘出していてもがん検診は受けるべきですか?

A.子宮摘出といっても子宮の入口(頸部)が残っている場合があります。
また、子宮を全部摘出していても、膣、卵巣の部分に異常がないかどうかを確認する機会にもなりますので、検診を受けることをお勧めします。

Q.胃がん検診を受けて「要精密検査」と言われました。
気になる症状はないのですが、精密検査は必ず受けた方がよいですか?

A.胃がん検診では、X線画像上で正常とはいえない部分があると、医師は精密検査が必要と判断します。
要精密検査となった方の中から約2%の方は胃がんと診断されており、その中には自覚症状がない方もたくさんいます。
胃がんを早期に発見し、命を守るためには、自覚症状がなくても、胃内視鏡による精密検査をきちんと受けることをお勧めします。

Q.食欲がない、最近下痢気味だった便が黒い便になってきました。大腸がんの可能性はありますか?

A.大腸がんに限らず同様の症状を伴う病気(食道、胃、十二指腸など上部消化管からの出血、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、急性胃炎、胃がん、鼻出血、食道静脈瘤など)もあります。
いずれにしろ、すぐに専門医(消化器内科)を受診することをお勧めします。

トップページへ戻る