公益財団法人 岩手県対がん協会 公式サイト || 盛岡市を拠点に、健康診断、一日ドック、巡回バスによるがん検診を行っております

検診車納車のお知らせ

TOP > お知らせ > 検診車納車のお知らせ

競輪補助車両の納車について

新たな胸部X線デジタル検診車が令和元年1月31日に納車されました。
この胸部X線デジタル検診車は、公益財団法人JKAの補助事業を受けて作製したものです。
補助事業の詳細は以下のとおりです。

1 補助事業の概要

(1)事業の目的
肺がん・結核等の疾病予防と早期発見の推進及び検診の質の向上を図るため、胸部X線デジタル検診車を整備充実することによって、より多くの方に胸部X線検診の受診機会を提供し、県民の健康増進に寄与する。
(2)実施内容
胸部X線デジタル検診車

肺がん検診車3 肺がん検診車4

2 予想される事業実施効果

最新の胸部集検用X線撮影装置、高感度・高精細FPD装置及び画像処理装置を搭載しており、より鮮明な画像を低被ばく・短時間で撮影可能となり、精度の向上、検診における安全性の確保などの効果をもたらします。新たな検診車両の購入により、故障などに左右されない安定した受診する機会を提供することができます。

3 印刷物等

本事業に係わる印刷物等
当協会機関誌「いのち輝け」(令和2年2月10日発行)に掲載し、市町村・事業所・保健所等の関係機関へ送付しました。
いのち輝け1.1 いのち輝け2.2

 

岩手県補助車両の納車について

新たなマンモグラフィ検診車が令和元年2月27日に納車されました。
このマンモグラフィ検診車は、岩手県の令和元年度マンモグラフィ検診精度向上事業を受けて作製したものです。
最新鋭のFPD装置(フラットパネル)2機搭載で、以前のCR装置を比べるとX線による被爆線量が少なくなり、撮影後画像の確認がすぐにでき、受診者の待ち時間の短縮が期待されます。待合室も明るくした事や、カーテンなどで仕切られた着替えスペースを設けましたので、少しでも緊張が和らげる作りとなっております。
mmg1

 

トップページへ戻る